一人暮らし 引越し 見積もりを検証!

MENU
一人暮らし引越し

引っ越し 単身パック

単身引越しパック
引越し 単身パック

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<


日本最大級!200社以上の業者の中から無料一括見積もり!
これをうまく活用すれば「絶対に引越し料金が安く」なります!

引越し 単身パック

一人暮らし引越し見積もりを失敗しない5ポイント

複数の引越し業者へ見積もり依頼で比較する。

引越しを失敗しないためにクチコミを参考にする。

一人暮らし引越しの基礎から学ぶ。

引越しにひとつくらいこだわりを持ってみる。

複数の引越し業者を比較して選ぶ。


一人暮らし引越し見積もり一人暮らし引越し見積もり一人暮らし引越し見積もり

「一人暮らし引越し安さ見積もりランキング」からまとめてみました。僕の引越しでは一人暮らしと言いましても荷物がやや多めの引越しとなりましたので通常より見積もり料金が少し高いかもしれません。一人暮らし引越し料金では、荷物が少なく同じ地域内への引越しなら1万円代ですんだ話も聞いています。

僕の引越し見積もり安さ順位では、1位/サカイ引越センター2位/ダック引越センター3.位/レンタカー引越し4位/ハトのマーク引越センターの順番となりましたが、この順位の決め方は単純に見積もり料金の安さ比較からの順位となっています。

ですので1位だからといってすべてに対して一番だというわけではありません。

たとえ結果が10位であっても、自分の都合に良く満足の引越業者でしたらそれを選ぶことで間違いはありません。

僕は一番安いの引越業者を探すためにインターネットを使って「安さを比べる一人暮らし引越し見積もり」を試してみました。

まず、複数の引越業者の見積もりをとり、返信してきた引越業者の見積もりを比べるところから始めてみましょう。
アリさん引越社の安さを検証 サカイ引越センターの安さを検証 日通の安さを検証 アーク引越センターの安さを検証 アート引越センターの安さを検証
一人暮らし引越しプラン 「超ミニ引越しプラン」「特ミニ引越しプラン」「ミニ引越しプラン」 「単身者専用の見積もり」 「単身パックS」「単身パックL」「単身パックX」「ワンルームパック」(単身、近距離、少量の引越し向き) 「ミニ引越し」「長距離ミニ引越し」 「単身引越パック」
安さのための条件 条件あり 条件あり 条件あり 条件あり -
安さのための無料サービス ダンボール最大20枚・布団袋2枚・ガムテープ2本・ベッドマットカバーをプレゼント! 衣類をハンガーに掛けたまま運送できるハンガーボックスも無料。引越し作業終了後に10分間の無料サービス トラック1.5トン以上でダンボール10箱、3トン以上で30箱まで無料プレゼント ハンバーケース5箱まで無料リース。 「ワンルームパック」ではダンボール箱10枚、ふとん袋1枚、テープ1本。また、ハンガーボックス2枚を無料でレンタル。 ダンボール最大50枚無料。ハンガーボックス最大4個まで無料。ダンボール無料引取りサービス。 エコ楽ボックスの無料貸し出しあり。不要のダンボールの無料回収サービスあり。
安さの割引、お得 引越しをする友達を紹介で友だちの引越し料金を一部割引。紹介者には自分の引越し料金を5%割引。さらに商品プレゼント。インターネットの見積もりで引越し実費から10%割引。 訪問見積もりで「ひとめぼれ」をプレゼント。 「単身パックS」(123u)「単身パックL」(188u)はインタネット2.100円割引。2BOX以上複数基1.050円割引。引越費用でマイル・ポイントも貯まる。 毎月1日〜20日まで特別割引あり。(土日祝、大安、繁忙期を除く) インターネットで見積もり割引あり。
安い一人暮らし引越し見積もり評価
クロネコヤマト引越センターの安さを検証 ハトのマークの引越センターの安さを検証 ダック引越センターの安さを検証 レンタカーの安さを検証 赤帽便の安さを検証
一人暮らし引越しプラン 「単身引越ジャストサービス」 「小鳩パック」「小鳩プチトラパック」「小鳩スカイパック」 「シングルプラン」「ひっこし定額パック」 車種と時間で料金が違う 作業員1名、荷物は積める限り。
安さのための条件 荷物の多い少ないによって引越金額を計算する 引越費用を料金早見表にて確認が可能。 5キロ圏内、時間指定はできない。 費用には燃料代が含まれていない。 費用は時間制と距離制がある
安さのための無料サービス 各種無料エコ資材(ダンボール)使用後に無料で回収 リユース資材による回収を含めたボックスの提供あり。 - 台車、幌がない場合があるので事前の確認が必要。 -
安さの 割引お得 WEB割引:2100円割引 平日割引:2100円割引  早期申込割引:1050円割引 複数BOX割引:1050円割引 抽選で賞品プレゼントあり。 - メンバー割引、ネット割引、ポイントサービスがあり。 距離、時間が長くなるとそれに伴って料金が安くなる。
安い一人暮らし引越し評価


一人暮らし引越し見積もり

一人暮らし引越しをするうえで一番頭を悩ましたことは「複数ある引越業者の中から1番自分の都合に合う安い会社を選ぶ」ことでした。

一人暮らし引越しで料金を比べると簡単に言いましても、荷物の量、引越しする距離、引越しの時間、曜日、女性単身の引越し、またペット連れてと引越しは人によって違いがあるからです。

ですので、僕は引越しはわからないことばかりでしたが、実際に大手引越業者からいきなり見積もりを取って比べることで少ない知識を補いました。

その検証でわかったことは「引越業者の料金はどこでも同じではない」です。

一人暮らし引越しで料金を少しでも安くするために大切なことは、最初っから1社に決めるのではなく、候補として5社くらいの引越業者をあげておいて、その中から自分に合う引越業者を3社に絞り、最後に一番を決めましょう。

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<



一人暮らし引越し見積もり一人暮らし引越し見積もり一人暮らし引越し見積もり

安い単身引越しを失敗しないでおこなうまとめ!


一人暮らし引越しで絶対に安くするまとめ!

1、一人暮らし引越しを安くするためにはともかく荷物を減らす!
ともかく不用な荷物を少しでも減らすための計画をたてましょう。荷物を減らすのは安い引越しをするための基本です。僕は不用品を減らすためにオークション出品まで行いました。

2、自分の都合に合う一人暮らし引越しの方法を検証する!
複数の引越し方法の中からどれが自分に合う方法かを検証する。たとえば、引越業者にするのかレンタカーの方法するかを決めてしまう。

3、インターネットをうまく利用する。
一人暮らし引越し格安を検証するためにインターネットを使う「無料一括引越業者見積もり」から複数の引越業者の見積もりをとる。

4、複数の引越業者の中から3つくらいに絞る。
自分の引越し都合、そして引越し料金を検証して多くても3つくらいの引越業者に絞る。なぜならば、あまりにも多いと迷ったりして疲れてしまい良い判断ができなくなることを防ぐため。

5、引越業者を絞った引越し料金の交渉をする。
最後に残った引越業者3社と同時に時間をずらして引越し料金の交渉をする。引越業者3社に絞った理由は疲れで良い判断ができないことを防ぐため。

引っ越し 単身パック

単身パック
引越し 単身パック

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<


日本最大級!200社以上の業者の中から無料一括見積もり!
これをうまく活用すれば「絶対に引越し料金が安く」なります!