一人暮らしの引越しの訪問見積の見方

MENU

一人暮らしの引越しの訪問見積の見方

引っ越し 単身パック

単身パック
引越し 単身パック

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<


日本最大級!200社以上の業者の中から無料一括見積もり!
これをうまく活用すれば「絶対に引越し料金が安く」なります!

 

 

訪問見積もりをしてもらうと、見積もり書や契約書などの書類を渡されます。

 

こういった書類は必ず内容を確認しておきましょう。

 

見ておきたい項目は、トラックの大きさ・台数、作業員の人数、資材や保険の有無、引越し日程、などです。

 

一人暮らしの場合は荷物が多くなければ、1トン〜2トントラック1台で充分です。

 

見積もり書に記載されているトラックの大きさや台数が、大きすぎたりしないかを確認しておきましょう。
トラックが大きくなれば料金も上がりますし、自分の引越しに適切かを確かめておく必要があります。

 

同様に作業員の数も適切かを見ておきましょう。

 

一人暮らしならば1〜2人で充分ですし、人数が多い場合は少なくしてもらいましょう。

 

ここで注意してもらいたいのは、作業員を1名のみにしてしまうと、大きな荷物を運ぶときに自分も手伝う必要が出てきます。

 

資材は荷物を詰めるためのダンボールや、家具を運ぶ際の毛布などです。

 

ダンボールは有料のところもありますし、引越し費用を抑えるならば自分で用意する必要があります。

 

無料の場合は、何箱ほどもらえるのかも確認しておきましょう。

 

保険は、運搬中の家具の破損、建物への傷がついた場合にどういった対応があるのかがわかります。

 

保険が無ければ破損などは自腹で修理しなければなりません。

 

壊したくない家具がある場合や新築への引越しの場合ならば、保険はかけておいたほうがいいでしょう。
見積もり額が高くなるかもしれませんが、修理をするよりも安くすむはずです。

 


引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<

一人暮らしの引越しの訪問見積の見方関連ページ

一人暮らしの引越しの訪問見積とは?
一人暮らしの引越しの訪問見積とは?
一人暮らしの引越しの訪問見積りのメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積りのメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積の方法
引越し訪問見積りのメリットとは
一人暮らしの引越しの訪問見積りに必要な準備
一人暮らしの引越しの訪問見積りに必要な準備
一人暮らしの引越しの訪問見積りで確認すべき事は?
一人暮らしの引越しの訪問見積りで確認すべき事は?
一人暮らしの引越しの訪問見積りのデメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積りのデメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積りのオススメの理由
一人暮らしの引越しの訪問見積りのオススメの理由
一人暮らしの引越しの訪問見積りにかかる時間は?
一人暮らしの引越しの訪問見積りにかかる時間は?