一人暮らしの引越しの訪問見積りに必要な準備

MENU

一人暮らしの引越しの訪問見積りに必要な準備

引っ越し 単身パック

単身パック
引越し 単身パック

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<


日本最大級!200社以上の業者の中から無料一括見積もり!
これをうまく活用すれば「絶対に引越し料金が安く」なります!

 

 

訪問見積もりをしてもらう前に、ある程度の荷物整理を行っておきましょう。

 

特に荷物と不要品の区別ははっきりとしておきたいですね。

 

不要品を処分しておくことによって荷物量が減りますし、必要なトラックも少なくなるので見積もり金額も安くなります。

 

見積もりに来る営業は入社時に荷物量の計算方法を教えられていますが、この計算を正確に行うには場数を踏まなければなりません。

 

もし訪問見積もりにきた営業がなれていなければ、不要品も荷物として計算されてしまいます。

 

区別をつけておけば営業も計算しやすいですし、自分から「これは不要品です」と言うこともできます。
正確な見積もりをしてもらうためにも、荷物整理をしておきたいですね。

 

荷物の中には人に見られたくないものもあるでしょう。

 

訪問見積もりでは部屋の中のものを見て見積もり計算を行いますし、押入れの中やクローゼットの中も扉を開けて見られることになります。

 

直接触ったり、仔細に見られることはありませんが、営業の目についてしまう可能性もありますので、見られたくないものや大切なものがある場合は、ダンボールなどに詰めておくといいでしょう。

 

訪問見積もりは値下げ交渉、そして追加の交渉をするチャンスでもあります。

 

値下げをしてもらいたい方は、インターネットの一括見積もりサービスを利用してたくさんの見積もり書を集めておいて他の引越し業者の見積もり金額をみておくといいでしょう。

 

最安値の見積もりがあれば、それを訪問見積もりにきた営業に提示すれば値下げをしてくれる可能性も高まります。

 

ともかく、相手は契約を決めたいとおもっていますので交渉がしやすいと思います。

 

ですので、この機会を有効に生かしましょう。

 

たとえば、訪問見積もりがある前に交渉する項目をいくつか考えておくと良いと思います。

 


引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<

 

一人暮らしの引越しの訪問見積りに必要な準備関連ページ

一人暮らしの引越しの訪問見積とは?
一人暮らしの引越しの訪問見積とは?
一人暮らしの引越しの訪問見積りのメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積りのメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積の方法
引越し訪問見積りのメリットとは
一人暮らしの引越しの訪問見積の見方
一人暮らしの引越しの訪問見積の見方
一人暮らしの引越しの訪問見積りで確認すべき事は?
一人暮らしの引越しの訪問見積りで確認すべき事は?
一人暮らしの引越しの訪問見積りのデメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積りのデメリット
一人暮らしの引越しの訪問見積りのオススメの理由
一人暮らしの引越しの訪問見積りのオススメの理由
一人暮らしの引越しの訪問見積りにかかる時間は?
一人暮らしの引越しの訪問見積りにかかる時間は?