引越し レンタカーから一人暮らし引越し見積もりを考える。

MENU

引越し レンタカーから一人暮らし引越し見積もりを考える。

引っ越し 単身パック

単身パック
引越し 単身パック

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<


日本最大級!200社以上の業者の中から無料一括見積もり!
これをうまく活用すれば「絶対に引越し料金が安く」なります!

 

 

引越し レンタカー


 

引越し レンタカーを検証

 

引越し レンタカー

 

一人暮らしの引越しでは荷物が少なく、近い距離の引越しでしたら、 レンタカーのプランを選択する方法が簡単でわかりやすいのではないでしょうか。ですが、それをレンタカーを選択するのはある程度の荷物までです。それ以上の荷物になると一人では厳しくなります。

 

またレンタカーで幌がないトラックでしたらロープのかけ方、荷物を運ぶのでも台車の手配が必要となります。ですから、自分の荷物の量を考えながら費用も含めて比較検討をしてみてください。

 


 

<管理人の評価>星の数★★★

 

★引越し レンタカーにお願いした一人暮らし引越しの荷物

 

同一区内・同一市内の5km以内で、テレビ×1(21.5インチ)、本棚×1(150×100)、冷蔵庫×1(3ドア)、電子レンジ×1、掃除機×1、カラーボックス×6、中テーブル×1(150×80)、ダブルベット×1、照明×1、ダンボール×10くらい、大型スーツケース×1、洗濯機×1(縦タイプ)、

 

引越し レンタカーで僕の一人暮らし引越しを検証しました。

 

一人暮らし引越し見積もりでレンタカーを選択する場合はトラックの大きさ、時間、距離でコストを検証することができます。

 

荷物が少ない一人暮らし引越しでしたら1番手ごろなトラックの850sタイプから選択してみましょう。この大きさのレンタカートラックが一番使いやすく費用の面でも格安からです。

 

たとえば、僕の一人暮らしの引越しをレンタカーで検証してみました。

 

レンタカートラック850sタイプ3時間のレンタル料金ですが、このタイプですと基本料金5250円で保険が1050円=6300円かかります。

 

またこの費用の他にはガソリン代=満タン返しの費用が必要となります。

 

レンタルする時間は距離が近いこともあり最短の3時間〜6時間くらいを考えましたが、自分の引越しする距離や時間に合わせて6時間、12時間、24時間の中から選ぶことが出来ます。

 

たとえば、6時間タイプを選んでも基本料金が5250円(一般料金)となるだけで保険料金1050円をプラスしても合計金額は7350円です。

 

ちなみに12時間ですと保険料も加えて8925円となります。(トラックの850sタイプ、一般料金)

 

3時間プラスと6時間をくらべても差額は1050円ですので、無理して時間ギリギリで借りないで少し余裕を持って選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

これ以外に考えることは、雨が降ったときの対応、荷物を運ぶ台車の準備、引越し荷物を入れるダンボールと紙テープくらいです。

 

これは無料もあるのですが、有料になる場合もありますので事前に確認しておくことが大切です。

 

以前僕も850sタイプのトラックで引越しをしたことがあります。

 

昔と違ってタイヤハウスなく荷台がフラットになっているタイプで、さらにダブルタイヤで荷台の部分の低いトラックでしたので、思っていたより結構引越しの作業がはかどりました。

 

またこのタイプですと荷物にかけるロープの使い方をしっていれば少しくらいの距離でも大丈夫そうです。

 

運転も大型トラックと違って、乗用車より少し高いくらでしたのでそんなに時間がかからず慣れました。

 

特に心配でした雨天時のトラック幌と台車ですが自分で用意しなくても無料で貸し出しがあるそうです。

 

ですが、数に限りがあるのでなくなったら自分で対策を考えなければならないそうです。

 

引越し レンタカーの一人暮らし引越しは、確かに費用の面では多少格安と思いますが、すべての引越し作業、トラックの運転も含めて自分ひとりでやらなければなりません。

 

一人暮らし引越しでも荷物が少なければ良いのですが荷物が多いと色々と苦労が増えそうです。

 

ですから、レンタカーの使用は一人暮らし引越しの荷物が少なく近場の引越しと考えておくのが最適なように思います。

 

ここでのレンタカー料金はすべて一般料金としましたが、時期によりハイシーズン料金の設定もありますので確認が必要です。

 

また最近では引越業者も格安の単身パックを持っています。

 

引越業者の単身パックでは車の手配、自分で荷物を運ぶことも無く、ダンボールなどの引越し資材も無料の場合があります。

 

引越しの「疲れ」「手間」という部分ではレンタカーとは格段に違いがあります。

 

ですから、料金を含めて試しにインターネットから「一括引越業者見積もり」で見積もり料金を確認しておく方法をお勧めします。

 

私の評価では星の数は★★★

 

レンタカーはそれだけですと格安の引越し方法なのですが、それ以外に引越しに必要な資材、ガソリン代、駐車代、雨などの対策も含めて計算することが大切です。

 

レンタカーの引越し方法はすべて自分自身でやらなければならない方法ですので、必要以上に引越しに手間がかかったり、疲れたり、事故などのリスクも格段に上がる方法です。

 

ですから、レンタカーにほぼ決まっていてもインターネットを使う「一括引越業者見積もり」で見積もり料金を確認しておいて、すべてを自分の代わりに引越し作業を行ってくれる引越業者の料金をどのくらい違うのかを比較しておきましょう。

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<

引越し レンタカーから一人暮らし引越し見積もりを考える。関連ページ

アリ 引越の料金から考えてみました。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
引越し サカイ 評判から考えてみました。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
日通 引越し 料金から考えてみました。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
アーク引越センター 評判から考えてみました。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
引越し アートを検証してみました。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
ヤマト 引っ越しから考えてみました。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
ハト 引越を考えてみました。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
ダック引越センター 評判から引越しを考える。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。
引越し 赤帽 料金から一人暮らし引越し見積もりを考える。
一人暮らし 引越し 見積もりを安いだけで選ぶと失敗する!本気で単身引越しをするための引越業者選びから検証してみました。