実際に試した僕の単身引越しの流れ

MENU

評価で★の数とは!?僕の引越し業者評価の基準

引っ越し 単身パック

単身パック
引越し 単身パック

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<


日本最大級!200社以上の業者の中から無料一括見積もり!
これをうまく活用すれば「絶対に引越し料金が安く」なります!

 

 

一人暮らし引越し見積もり

 

同一区内・同一市内の5km以内で、液晶テレビ×1(21.5インチ)、本棚×1(150×100分解可能)、冷蔵庫×1(2ドア単身向けの胸くらいの大きさのもの)、電子レンジ×1、掃除機×1、カラーボックス×6、中テーブル×1(150×80)、ダブルベット×1、照明×1、ダンボール×10くらい、大型スーツケース×1、洗濯機×1(縦タイプ)、小型オーディオセット、小さめの植木×1、

 

原付売る

上記が僕の一人暮らし荷物の概要です。

 

一人暮らし引越しの流れとしては、まずインターネットから無料でできるを無料一括引越業者見積もりから始めることにしました。

 

このインターネットを使って引越し業者を選ぶことはいわば必然で、多くの引越し業者の中から自分の都合、そして料金の安い業者を探すためにはなくてはならないと感じたことです。

 

数日経ってからいくつかの引越業者からメールで見積もりが届きました。あとはそれを時間の限り検証するだけです。

 

今回、引越しまでは時間がありましたので、引越し業者の見積もりをかなり詳細に検証をしました。

 

その結果ですが、引越し業者見積もりで注意しなければいけないことはかなり多くあるようです。

 

たとえば、引越し業者によっては資材を無料で提供している会社も多いのですが、それを有料をしている会社もあるからです。

 

加えて、引越し作業で必要となる養生、エレベター無しの場合の追加金の金額の違い、荷物が多くなったときの追加料金にも差があったからです。

 

せっかく一人暮らし引越し見積もり料金での契約ができても、つまらないところで費用がかかっては意味がありません。

 

インターネットという性格上、他の引越業者との料金を比べるのは簡単にできるのですが、それはあくまでもパッと見の金額ということを理解しておくことが大切です。

 

では何に気をつけなければならないかと言いますと、契約をする前には必ず見積もりのすべての項目に目を通す必要があることです。

 

僕の場合ですが、一人暮らし引越しの前に荷物の量を確認してもらう訪問見積もりのシステムを選びました。

 

引越し業者の見積もりを検討して、訪問見積もりで間違いが無いかを確認する慎重さでした。

 

なぜならば、荷物が増えたりすることなどの意味の無いトラブルを防ぐためです。

 

また訪問見積もりをすることで、自宅に引越し業者の営業が来るわけですので、値引きやサービスの交渉がしやすいのも理由でした。

 

ですが、引越業者の訪問見積もりをするのは、業者の選択が決まってからすることが大切です。

 

一度でも自宅に直接来てしまってからのキャンセルはかなり辛いものがあるからです。

 


引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<